ハワイでのオススメ朝活|運動編(ダイヤモンドヘッドラン)

旅行

ハワイの朝は早い。
もちろんカフェタイムも素敵だが、
年末の忘年会に続き、
ハワイでものんびり美味しいご飯を食べていることだろうし、
朝にランニングでもどうでしょう?
この記事では、オススメのランニングコースを紹介してみる。

diamond head目指しRun

ダイヤモンドヘッド予約ページ
注意事項として、ダイヤモンドヘッド自体は
完全予約制になっているので、
残念ながら思いつきで行くことはできない。
それでもダイヤモンドヘッドに向い走り始めてみる。

目的地

目的地はここ。
ダイヤモンドヘッドビーチパーク

綺麗な朝日が眺められる。

サーファーや、犬の散歩している人など、
素敵な時間が流れている。
見てるこっちが幸せですわ。

行き方

ワイキキ中心部からダイヤモンドヘッドビーチパークまでは約30-40分かかった。
歩きとランニングのミックスで。

■ルート
・カラカウア通りをずっと進む。
・カピオラニ公園という芝生の広い公園が終わると、分岐が出てくる。
・分岐をダイヤモンドヘッドロードに進む。
・ダイヤモンドヘッドロードを15-20分ほど進むと到着。
※ダイヤモンドヘッドロードからは登り坂なので体力削られる。
■06:30
ワイキキ中心部を出発。
日の出を見に行くので、もちろんまだくらい。
※1月2日の日の出時刻
■07:10
目的地に到着。
この日の日の出時刻は07:08頃だったので、若干遅刻。

元々ダイヤモンドヘッドビーチパークを目指していたわけではない。
適当に散策して、景色が綺麗なビーチにたどり着いた。
そしたらそこは有名はビーチパークだった。
やっぱり有名になるだけのことはある。

帰り道

行き道登り坂で体力を削られたが、
もちろん自分の足で帰らなければならない。
しかもこれはメインイベントではなく、
あくまでただの”朝活”。
一日はここから始まる。。。

疲れたので散歩がてら帰宅していると、
行き道には見られなかった景色があった。
日の出後がハワイの本領発揮タイム

どの角度を切り取っても綺麗な南国風景が広がっていた。

ワイキキ周辺に戻ると、出発時とは違う、
賑やかなワイキキとなっていた。
自分が清々しいだけで、みんなも清々しくて幸せそうに見える。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP